マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

006: ポジティブすぎても、ネガティブすぎても


世の中では一般的に、ポジティブがよくて、
ネガティブはよくないものと思い込まれがちでした。


「ポジティブがいいわけでもなければ、
ネガティブが悪いわけでもない」というのは、
わたしも、知識では耳にしたことはありましたが、
以前はピンとはきていませんでした。

が、気分が高揚して、ハイな状態になると、
その次には、見事にズドーンって気分が落ち込む体験をします。


よく自己啓発のセミナーなどに参加して、
参加終了時は、すっごくやる気が溢れてきて、
何でもできそうな気分になるのに、

しばらくすると、また元に戻ったような感じになってしまって、
「モチベーションをあげるためには、また参加しなくちゃ」
って思った体験をされた方も少なくないと思います。

で、気分が上がったり下がったりの繰り返し。

これなんで起こっていたかというと、
【上がったものは、下がるようになっている】
というひじょうにシンプルなところから来ているんですね。

以前のポジティブ系の本やセミナーなどでは、
モチベーションを上げることが大事と奨励され続けていました。
(最近はあまり聞かなくなりましたが)

が、実はあれ、モチベーションを上げることをすることで、
【下がる準備をしている】って状態だったんですね。

上がったものは下がるというシンプルなものが以前は見えず、
高揚感が気持ちいいので、それに執着し、それを求めて、
で、落ちる準備をしていたんですね。

実はこれ、中毒みたいなものだったんですね。

で、先日、これに関して、実に興味深いことに気がつきました。

それは、ポジティブ(ハイ)になりすぎても、
ネガティブ(ダウン)になりすぎても、
破滅へとつながるものだったんだって気づきです。

実はあることを思い出して、そのことに気づいたんですね。

なにを思い出したかというと、わたしが10数年前、事業に失敗して、
2000万円近くの借金を抱えてしまっていた頃のこと。

わたしは借金の催促の電話がかかってくるのが怖くて、
その「こわさ」を感じないですむようにするには?
ってことに、追い立てられまくっていたんですね。


で、「こわさ」を感じないようになにをやりだしたかというと、
あろうことか、借金を返すために、借金をするってことを
やりだしたんですね。


冷静にみたら、借金を増やしているわけですから、
「おいおい!なにやってんの!?」ってなるところですが、

もうとにかく、その場の「こわさ」を感じなくてすむことしか、
頭が回らなくなって、借金で借金を返し、

それにより増えた借金を更に借金で返すって、
異常な状態にはまってしまったんですね。


よく雪だるま式といいますが、まったくそのとおりで、
はじめ1000万円だった借金が2000万円になるのには、
数ヶ月しか、かかりませんでした。


もう、「こわさ」から逃げ続けることしかなくなってしまって、
感覚が麻痺してしまって、もうマトモな状態ではなかったわけです。


ただ、幸運だったのは、ある瞬間、
「こんなこと続けてちゃダメだ!」って気づかせてくれる
人との出会いが当時あったことで、
その異常事態から抜け出せることができたことでした。

落ち込んでいくと、実はなんとか【生存を維持しようとしながら、
実はどんどん破滅へと向かっていく】んだけど、

その最中には、そのことを、気づいていないことさえ、
気づけないんだなって、体験から気づかされました。

さて、この話をきいてみて、「あれ?なにかに似てるな」って
気づかれた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そう、実はこれ、逆もまた同じなのです。

アメリカがバブルだった時、
わたしたちバブルがはじけたのを経験した日本人には、
「それ、はじけるって!」、「あぶないって!」ってのは、
みえていましたよね。

が、、その最中には、「この反映は永遠に続く」って、
当事者の人たちは信じきっていて、「えー!?」って、
わたしたち、すっごく驚いていたでしょ?

「マヒしちゃってる!」って。

そう、大きすぎる波は、それが気分であっても、
経済であっても、破滅の方向に働くようにできているようなんですね。

では、わたしたちはどんな生き方に気づき、
それを選択したらいいのか?

そう、ポジにもネガにもぶれないニュートラル、
自然体という生き方なんだって、わたしは体験を通して、
気づかされたんですね。


お釈迦さんは、中道という言葉を残していますよね。

アップダウンの激しい人生は、いっけんジェットコースターのように、
エキサイティングで、退屈しないと、
わたしたちはこれまで、潜在的に信じ込んできました。

で、おだやかな人生って、退屈でつまんないんじゃないかと、
わたしたちは思い込んでいたんですね。

アップダウンの激しい人生は、一見退屈のない、
エキサイティングな人生に思えますが、

が、「わー」とか「きゃー」って気分はあじわうものの、
景色を楽しむ余裕はありませんよね。


逆に穏やかな精神状態の人生は、
季節の移り変わり、色とりどりに表情を変える景色を楽しめる、
列車旅行のような感じです。


実は心穏やかな人生は、退屈どころか、
いつも平和、かつ満たされた人生の体験だったんですね。

わたしが出会ってきた「あ、この人はホントに満たされ、豊かなんだな」
って人たちは、ポジにもネガにも大きくぶれない、
自然体、ニュートラルな人たちでした。

もしこれまでがジェットコースターな人生だったとしたなら、
コースターを降りて、豊かな人生という風景を、こころ行くまで楽しめる
人生の列車に乗り換えてみてください。

それまでとは、まったく違う、
人生ってなんて楽しくエキサィテングなんだろう!って、
穏やかでかつ、満たされた人生の体験がはじまるかと思います。

どうすればそうなるか?

望めば、その機会は訪れます。


知らないことは望みようもありません。

そんな人生があるんだって、知ったということは、
それは既に知っている、あなたの未来だと感じています。

 

<コラムTOPへ戻る