マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

013: 観念を解消し続けることの終わり


2010年のの6月、わたしとなづなちゃんは2人で、

潜在意識下のブロック、観念の解消を徹底的に、
ホントに徹底的にやっていました。


こころと人生の仕組みのことがわかってくると、
わたしたちって、自分たちでは普段気づくことのない、
潜在意識下の思い込み、観念がブロックとなって、
人生に様々な制限が起こっていたことに気づきます。


「怒ってはいけない」、「人前で泣いてはダメ」、

「笑顔でいなければならない」、

「すべての人を愛せるようにならなければならない」、

「許せなければならない」、

「○○歳までに結婚しなければならない」、

「お金は簡単には入ってこない」

などなどなど、あらゆる膨大な観念がみえないブロックとなり、
わたしたちの人生に影響を及ぼし、制限してきました。


で、現実が思い通りにならないのは、
この観念のせいだったんだって気づき、
観念の解消のワークを私たちはやりはじめます。

で、わたしとなづなちゃんも、「こんな現実が起こっているのは、
なにかブロックがあるんだ」って、
毎日毎日、来る日も来る日も、観念の解消をやっていました。


で、毎日「あ!こんな観念が入ってたんだ!」、
「そりゃあ、うまくいくはずなかったわ!」ってなって、
クリアになり、状況も少し変化します。


が、【やってもやっても変わらない、
ものすごーく重要なこと】がひとつありました。


それは、観念を解消したり、書き換えても、
またしばらくすると次の問題が起こってきたり、

不満足や不安な状態がやってくるということでした。

つまり、やってもやってもキリがないじゃん!ってことに、
徹底的にやりまくっていたおかげで、
ある日とうとう気づくにいたったんですね。


なぜ、キリがなかったのか?


当時は気づかなかったけれど、
悟り、目覚めたの体験が深まってきて、自我(エゴ)が落ちてくると、
それについて、自然と気づきが起こってくるようになってきました。


気づくというより、自我が落ちてくると、
ワークをやらなくとも、自然とそれまで気づかなかった観念が、
浮かび上がってくるという感じです。


実はやってもやってもキリがなかったのは、
もっとも根本的な観念に、当時は気づいていなかったからでした。


当時は気づくことができなかった根本的な観念って、
なにかというと、


「観念を解消しなければ、よくならない」という観念でした。


超シンプルだけど、めっちゃドボンでしょ(笑)?


で、もっとも本質的なことは、観念を解消したらよくなる、
観念を解消しないとよくならないと、

せきたて続けてきたのは、実はエゴ、マインドの策略だったんですね。


自我(エゴ)って、なにをやって安心させても、
満足させようとしても、けっして満足しません。


食べても食べても、けっして満足することのない、
餓鬼のようなもの、

それがエゴなんですね。

なので、観念を解消しろーってせきたて、
そしてまだダメだーってエゴは言い続ける。

その繰り返しのループの中にいたんだって気がつかない限り、
どんなに解消をし続けても、終わりがなかったのは、
実は不思議でもなんでもなかったんですね。


京都でのトークライブの質疑応答の時間でも、
出てきた話題なのですが、


問題がなくなること、問題が問題でなくなること、
平和で幸せになることは、今この瞬間、選択できることなんですね。


(観念の解消のように)なにかをしなければ幸せにはなれない
ってささやき続け、わたしたちを振り回し続けてきたのは、
実はエゴだったんですね。


こころ安らかに満たされることは、今この瞬間に選択でき、
そしてその瞬間、既にそれを体験することは可能なんですね。

ただ、これまではエゴが、こころが平和に満たされるためには、
何かをしなければならない!

なぜなら、これこれこういう問題があるからだ!って、
ささやき続け、惑わし続けてきたのが、エゴなんですね。

そして自我(エゴ)は実際には存在しない幻想です。


そうか、もしかしたらこれまでは、
幻想がささやく、幻想に耳を貸し、振り回されていたのかもって
よかったら見はじめてみてください。


なにかが変容しはじめるのを、感じるかもしれませんヨ。

<コラムTOPへ戻る