マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

018: ホントにホントに大切な知恵

今、本当に多くの人が、人生がまったく新しく生まれ変わる、
最高のチャンスが来ているのを、
実際に、たくさん目にするようになって来ました。

ですが同時に、「今回お伝えさせていただく、
最も大切な知恵」を知らないばかりに、
最高の生まれ変わりのチャンスを逃してしまって、

また以前のような「一喜一憂の繰り返し」の人生へと、
戻っていってしまうのもみえるようになってきました。


これら状況を見ていて、ある時、その「カラクリ」が、
「あぁ。こういうことだったんだ」て、
はっきりと、みえてきたんですね。

そこで今回は、メルマガとして

その本当に大切な知恵について、
発行させていただくことにしました。


どうぞぜひ、今回の「最も大切な知恵」に触れてみてください。


今、多くの人が、ホントに多くの人が、
「なにもしたくなくなったり」、
「なんだかとてもダウンな気持ちが続いたり」していたのに、

ある日突然、
「あれ?今までのあれなんだったんだ???」ってくらい、
気分がすっかり変わっちゃうって体験をされています。


これを読まれている方の中にも、間違いなく、
そのような体験をされている方がいらっしゃると思います。
(実際うかがってもいますし)


実はこれ、人生がまったく新しく生まれ変わる、
もっとも大切なときが訪れたんですね。


が、同時に、この時期は、もっともデリケートな、
最も大切な時期でもあるんですね。
(↑わたしや友人たちも、実際に体験しました)


いったいなにが、そんなに大事な時期なのでしょう?

しばらくの間、なにもしたくなくなってしまったり、
とてもダウンな気分を味わっていたものが、

ある日突然、「あれ?いったいなにをあんなに落ち込んでいたんだ?」
って体験をしたとき、いったいなにが起こっていたのでしょう?


実はこれ、それまでのマインド、思い込み、
自我(エゴ)と呼ばれるものの「一部」が、
ゴソっと(降参して)抜け落ちていった時に、起こることなんですね。


ゆえに、今までの思い込み、観念、信念の鎖から自由になったことで、
とても自由で、軽やかになったのを、体験するんですね。


が、ここで、もっとも重要なことがあります。


それは、この時期は、静かに、そのことについてはあえて語らず、

ゆっくり熟成させることが何よりも大切なんだなと、
わたし自身、実体験から、すんごく実感しています。


それまですごくブルーな気分だったものが、
まるで、なにかつき物でも落ちたかのように軽やかになったわけですから、
みんなに、そのうれしさ、喜びを話して回りたくなりますよね?


が、実はこの時期は、静かに過ごすことが何よりも重要な、
大切な大切な時期であることを、
わたしも、なづなちゃんも、実体験からすごく実感しています。


いったい何が、そんなに重要なのでしょう?


それは、この軽やかになった状態をなんらかの
知識で「定義しない」ということです。


すんごく重要なことなので、もう一度書きますね。


なんからの思い込み、なにかがゴソっと落ちたことで、
すごく軽やかになったわけですが、


その状態を、これまでのなんらかの知識で「定義しないこと」、
これがなによりも、この時期に大切なことなんですね。


では、定義ってなんのことでしょう?


たとえば、そのゴソっと落ちたものが、
「○○の観念が落ちたおかげで」とか、
「○○の思い込みから解放されたおかげで」と、
わたしたちは、なにがしかの、

自由になった理由、原因を定義しようとします。


また、「すごく自由になったんだ」って、
あなたが、友人に話したり、フェイスブックなどでシェアしたとします。


すると、まわりの人たちは、「それは意識の覚醒ですね」とか、
「それは心理学で言うところの○○ですね」とか、」
「次元上昇ですよ」とか、「守護霊様が導いてくれたんですよ」とか、

人によって、いろんなことを言ってきたりします。


これらのなにがそんなにマズイのでしょう?


それは、せっかく、ある「観念」、「信念」から自由になったのに、
その状態をなんらかの枠に「定義」した瞬間、

また、【あらたな観念を作りだす】ことに他ならなんですね。

それは「自我(エゴ)が落ちたんですよ」が【定義】、

つまり自我(エゴ)の納得材料、安心材料と
なってしまったとしたら、それも実は同様なんですね。


そう、「定義」、「新しい観念」とは、
実はまさに、自我(エゴ)を育てるエサなんですね。


人はとにかく、
(というよりマインド、自我は、)理由や原因を知りたがったり、
「これは、○○だったんだぁ!」って、【定義をしたがります】。


が、この定義そのものが、新しい観念を作りだすことに他なりません。


そして新しい観念は、また新しい問題、新しい観念を作り出します。


これがマインドにおける、苦しみの繰り返し、
マインドにおける、輪廻のカラクリだったんですね。


今はピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、


人生に現れてくる出来事、そして浮かんでくる考えなど、
あらゆるものは、本来何も意味はないですね。


それは、空に流れる雲が、ただ流れていくようなもの。

【自然な流れそのもの】なんですよね。


が、そこにわたしたちのマインドは、
なにがしかの意味をつけたら安心するという、
【壮大な錯覚】を信じ込んできたために、
      


起こってきて、去っていくだけの、一つ一つのものに、
本来は、つけなくてもよかった意味、定義を与え、

新しい観念、信念を作り出し、
その観念が、あたらしい問題、苦しみを、作り出し、
そして苦しみを繰り返していた、

なーんて、ほとんど誰も、ホントにほとんど誰も、
気づかないことにさえ、気づかずに、これまでやってきたんですね。


もし、今あなたが、「あれ?」ってそれまでの苦しみから、
自由になったのを実感されているしたなら、


「これは○○だな」なんて、定義をすることで、
自我(エゴ)に餌を与えることはあえてしないで、


そんなことよりも、
その自由さを、どうぞ思う存分味わってみてください。


他人(のマインド)は、その状態を、
その人の観念の範囲内でしか理解できませんし、

時に、あなたのその自由さを、
観念の枠の中に閉じ込めようとして来たりするでしょう。
(勿論、そこに悪意はありません、
ただそれがマインドの働きなんですね)


なにかの知識の枠に入れない、定義をしないこと。


そんなことよりも、この自由さを思い切り楽しんで、人生を遊ぶこと、


「こんな豊かなことってないよな!」って、人生のすばらしい豊かさを、
きっとどんどん実感されていくことでしょう。

<コラムTOPへ戻る