マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

020: 「どう在るか?」〜、「在る」へ

今月のアタマ(2013年2月)、
生き下いる間に、自我(エゴ)の死を迎えるという経験が、
マスターの身に起こってきたわけですが、

いわゆる死と再生の経験のいきさつを
近くでみていたなづなちゃん曰く、

「死と再生の経験後、マスターの雰囲気というか、エネルギーが、
まるで生まれたての赤ちゃんのように変わった」と言われていました。

実は師からも同じことを言われ、だとしたら、死と再生というより、

死と「新生」という経験だったのかもしれません。

なにせ、あまりに大きく変わってしまったので、
はじめは、結構戸惑ってしまいましたが、

というのも、その経験後、
根本的なことが、まったく変わってしまった感じで、

かつては、どう生きるか? どう在るべきか?とか、
(ここでいう在るとは、Beingの方の在るですね)

なにを成し遂げるか? なにを達成するか?

どうすれば幸せになれるか?とか、

ビジョンは何か?とか、

目標や人生の目的はなにか?

などが、人生の重要なポイントをしめていたのですが、
それらが大切なことだってことはわかるのですが、
まったく重要なことではなくなってしまったんですね。


どう生きるか?どう在るか?ではなく、

ただ【在る】が当たり前のことへと
変わってしまった感じです。

また、起こっては消えていく、
様々な現れ(出来事や、思考や、感情、観念)

を、個人が見ているという感覚も、消え去ってきて、
「観る」というより、ただ「映っている」という感じでしょうか。

このように、まったく世界が変わってしまって、
はじめはとても戸惑ってしまいました。


というのも、以前はなにかをやるとき、
行うとき、「理由」や「目的」が必要だったのですが、


例えば、お金を得るために働くとか、
喜びを得るために、何かをするなどの、
「理由のために、なにかをする」ってものだったのが、


「なにか、やりたいことが自然と湧いてきて、
身体が勝手に動き出す」ことが自然になってきました。


逆に理由や目的のために、動こうとすると、
もう笑わざるを得ないくらい、
まったくうまくいかなく、変わっちゃったんですね。


そのかわり?自然と起こってきた関心や、
自然と起こってきた行動に任せると、


なんの不安も起こってくることなく、
楽しくそれを行えてしまう。


そして自然と導かれる。
(正確には、導かれる「わたし」もいないのですが)


さて、はじめ戸惑ちゃったって書きましたが
以前は「わたし」自身がそうだったこともあって、


多くの人が関心があることって、
豊かさをどう実現するか?であるとか、
自分のライフワークをどうやってみつけるか?とか、


そういう、なにかを手に入れたり、
達成したりすることが関心のあることで、


ただ「在る」なんて、聞いたとしても、
多くの人はピンと来ないんじゃないか?


きっと関心のないことに違いないって、はじめ思って、

さぁ、どうしたもんかいな?
って、ちょっと思ったりもしていました。


が、もう本当にそのようになっているんだわ
としか、言いようがないのですが、


わたしにその経験が起こってきてから、
(※文章的に、便宜上「わたし」という言葉を使っています)
まわりに、それらを必要とする人たちが、自然と現れはじめました。


それはまるで、新種の、みたこともない花が、
なにもなかった土地に、芽吹きだしたような感覚です。


実は、ここしばらく、メルマガやブログを
楽しみにしている人たちのために、
書かなくちゃ!って思って、書こうとしていたのですが、


先にもお伝えさせていただいていたように、
「何かのため」という理由や目的のために
動こうとすると、まったく書けない状態だったんですね。


文章が書けなくなるなんてことは、
人生において本当にはじめてのことで、
「最初は羽をもがれた鳥になった気分で、
これからどうしよう?」って時期もあったのですが、


先ほど、ふとなにか書きたい気持ちが
勝手に、自然に起こってきて、


そして今、なにも考えずに、
ただキーボードを叩いて、

モニター上に、文字が現れ、
文章が形成されていくのを眺めている
(というより、映っている)
という感じです。


誰のためでもなく、何かのためでもなく、
ただ自然と「書く」が起こってきて、
生まれてきたこの文章。


誰かの変容のきっかけになるかもしれないし、
インスピレーションのきっかけになるかもしれないし、
誰の役にも、立たないかもしれません。


が、「わたし」には、とてもよい兆しが、
現れてきたように思えます。


先日、師とこのことを話していたら、

「覚醒の段階から、
いよいよ悟りを生きるが始まりましたね」
なんて話が出てまいりましたが、


果たしてどうなっていくことか(笑)?


自我(エゴ)から覚醒へ、覚醒から悟りへ。

あなたの関心は、どのように変わってきていますか?

 

<コラムTOPへ戻る