マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

036: 観ているのは誰?

20世紀最大の覚者と呼ばれたラマナ・マハルシは、
もっとも重要なたった一つの問いは、

「わたしとは、いったい誰なのか?」という問いだと
語っています。


この「わたしとは誰か?」という言葉は、
マハルシが語ったこともあって、
多くの悟りについて語られた本に、登場してきます。


言ってみれば、悟りというジャンルにおいては、
もっとも根源的で、メジャーな問と言えそうです。


が、実はマハルシが語った言葉は正確には、
「わたしとは誰か?」ではなくて、

「わたしとは、本当はなんなのか?」
だったのだそうです。


確かに、


「わたしとは誰か?」って問われたとしたら、
特定の個人、特定の誰かを思い浮かべたり、
探したりしてしまいますよね。


本来の問は、


「わたしとは、そもそもいったいなんなのか?」
というものだそうですよ。

「わたしって、ホントは一体なんなのでしょう?」

よかったら、シンプルに自身に問うてみてみてください。


これまでとはまったく違う意識への扉が開き始めるかもしれませんよ。

<コラムTOPへ戻る