マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

037: 悟りに出会う

今週は祖母のお見舞いで、山口県に来ています。


まわりは山と一面の田んぼに囲まれていて、
ホントになんにもなくって、
隣の家まで50メートルっていう、ホントのホントに田舎です。


子供のころは、春休みと夏休みには必ず田舎に行っていて、
春はつくしんぼう取りや おたまじゃくしをつかまえたり、
夏は虫取りに花火に、と 毎回すごく楽しみにしていました。

今回は、実に10年ぶりの田舎です。

さて、今日友人からのメールで、
「悟り」ってものがあるって、はじめて知ったのはいつだった?
って質問がとどいていました。


友人はなんと高校生のときに、「悟り」という概念に出会い、
悟ったら、もう輪廻の輪から抜け出して、
生まれなおさなくてよくなると知って、

ぜひ悟りたいと、高校生のときに思ったそうです。


それが実現するなら、四国八十八箇所巡り、
100回でもやるー!って、マジに思っていたそう。


わたしが、「悟り」という概念を知ったのは、
あるセミナーに参加者として参加していたとき、

隣の席に座った今は友人が、
座禅で人生が変わったと言ったのがきっかけで、

悟りってなに?って調べ始めたのがきっかけでした。


わたしも、もうわざわざ生まれなおさなくていいなら、
ぜひ悟りたいって思ったうちの一人です(笑)。


では、あなたが「悟り」という言葉を知ったのは、
どんなきっかけだったでしょう?


「悟り」以外のこともそうですが、
それを「知る」、「出会う」というのは、
誰の人生にも起こるものではありません。


準備のできた人から、出会い、
そして経験していくものなんですね。


あなたが悟りという言葉を知ったきっかけは何だったでしょう?


振り返ってみることで、あらためて導かれるとはどういうことなのか、
見え始めてくるかもしれませんよ。


よかったら、振り返ってみてください。

<コラムTOPへ戻る