マスター濱田浩朱公式サイト リモーナ Re-mauna 

マスターのプロフィール
なづなのプロフィール
リモーナとは?
シークレット・メルマガ
(無料音声プレゼント)
ブログ
ベーシック・音声セミナー
コラム
ワークショップ
個人セッション
特別個人セッション
お問い合わせ
 

◇◆ コラム ◆◇

042: 真理は○○、それが真理

これまで「真実とはなにか?」、
「真理とはなにか?」って、探求し続けてきたわけですが、


探求しているとき、「探求している」が顕れていて、

「あ!わかった!」って思うとき、「わかった」が顕れている。

思考は、「真実は」、「真理は、コレだっ!」って結論を出し、
答えを「定義」しようとするんだけど、


でもそれは、「思考、マインドの働き」という運動でしかないんですよね。


そして、「これが答えだっ!」って思ったとしても、それは「観念」にしかすぎなくて、

思考は変化、拡大と収縮という運動を無常、無限に続けるから、それも変化してしまう。


「これだっ!」、「今度こそっ!」って思ったとしても、
またしばらくすると、物足りなくなったり、つまらなくなったりしてきたのは、

このことがわかってくると、しごく当たり前のことだったんだって、わかってきました。


なぜなら、そいうい運動が、思考、マインドであり、顕れだから(笑)。


アルタードステイツという映画の中で、真理に気づいた主人公が、
「真理はない、それが真理だ」って言う台詞が出てきて、

「まさにそれだっ!」って雷に打たれたような衝撃を受けたことがあります。

そしてそれは、ブッダが発見したことそのものだったって、後になって知りました。

<コラムTOPへ戻る